生産性を高めるための機器

会社の部品

オフィスでは利益を生み出すために、作業の効率化を測っている。
人間の作業量は限られているので、適宜機材を投入することで、生産性を更に高めている。
コピー機を使うことで、文書をコピーするスピードは格段に早くなる。
かつては一枚ずつ手書きで複写することで、文書を多くの人に配り、周知してきた。
文書の周知は、すなわち情報の共有である。
情報の共有が上手くいけば、オフィスの効率化も上がり、スタッフの生産性もアップするといえる。

■効率化のためには省く
効率化を測るには、省くことが大事である。
たとえばコピー機には複合機というものがあるが、これは複数の機器の機能を一つにまとめたものである。
複数の機器をまとめることで、全ての機器を集めるための費用をいくらか削除することができる。
また、複数の機器は一つだけも相当なスペースが必要であったが、それもまとめられるので、スペースを他のことに使うことが可能である。
こうした複合機の存在が、さらにコピー機がオフィスに必要とされる要因となっている。

■種類を知る
コピー機には単一機や複合機、さらには特別な機能がついたコピー機がある。
特別な機能といえば、自動紙送りやスキャンした文書を自動的にPDF化するなどの機能である。
また、オフィスの事業の内容に合わせて、複合機の形もかわっていく。
大きな面も印刷できるような、スキャナー面を有した複合機など、枚挙にいとまがない。
こうした特別な機能がついた複合機には、値段が1,000万円以上するものもある。
高いかもしれないが、オフィスの効率化に必要なものならば、導入も検討される。

■印刷方法の変化
インクジェットプリンターで顔料のタイプが発売されてから、インクジェットとレーザープリンターといった種類の違いが縮まってきている。
インクジェットプリンターでもレーザープリンターに劣らない早さで印刷することのできるものも発売されており、ペーパーレス化が始まったオフィスで有効活用されている。

オススメリンク

仕事で悩む

効率化するために

オフィスでは効率化が最も求められている。そして省エネはその一つである。多くの電気を使うということは、…Read more
スケジュール

差の縮まり

オフィスのコピー機といえば、通常レーザープリンターが多かった。これは、レーザーの印刷形式の方が、文書…Read more
握手

カセットの幅広さ

文書は大抵A4であることが多いが、全ての文書がA4で収められるとは限らない。特にオフィスの種類によっ…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031